短編2
  • 表示切替
  • 使い方

開かずの扉

これは小学生のときに先生が話してくれたものです。

話の舞台は図工室。

A君とB君という図工が大好きな男の子がいました。

ある日、図工室に残っていた時のこと。

図工室は1階の端っこで、真上は音楽室、職員室からは離れているため、先生の目が届かない場所でした。

そんなこともあり、A君とB君は先生のいない図工室で‘かくれんぼ’をしました。

A君が鬼でB君が隠れました。A君が数えてる間に、B君は図工室の机の陰に隠れることにしました。

……29、30。行くよー!

A君は探しはじめました。けれど、全然見つかりませんでした。

A君は図工室の近くに部屋があることを思い出しました。そこにいって扉を…

「あれ?開かないぞ!?」「Bがいるのかな?」と思いましたが、ふと気がつくとB君の荷物がないことに気がつきました。

『なんだよ!帰ったのかよ!』と思い、A君も帰りました。

―次の日―

B;「おっはよー!…あれ?Bは?!」

友達;「あっおはよ。Aも知らないのかぁ。一緒にいると思ったのにな。」

先生;「えー、皆、席につけ。今日はお知らせが1つ。昨日からBが行方不明だ。昨日家に帰ってきていないらしい。みかけたら、すぐに知らせるように。」

その瞬間、Aはビクッとした。昨日、先に帰ったんじゃないのか?!でも図工室にはいなかったし。…てことは……あの、開かなかった…開かずの扉の中に?!そうだとしても、家に帰らないことはないはずだ。鉄の扉たが、一人でも開けられるし。

Aの頭の中はゴチャゴチャになった。

しかし、その後も見つかることはなかった。。

図工室には沢山の白い彫刻がある。そのうちの一つは、ガラスのケースに入っていて、いつも、図工の授業を愛おしそうに見ている。そして夜には青い涙を流し、「ここから出して…僕も図工の授業がしたいんだ…」と歎き悲しむ。

この話の直後、皆は一斉に友達と話しはじめた。私が通っていた小学校は、図工室が一階、真上は音楽室で、職員室は遠い場所にあり、彫刻が沢山。

また後日、確かに男子たちが‘開かずの扉’を見つけているから。。

読みづらく、つまらない文を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー Sugarさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ