短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ホテル100階

あるところに5人の大学生がいました。

彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来ていました。

そして運よく100階建の最上階、つまり100階の部屋に泊まれることになりました。

大晦日の日、彼らはシンガポールのそのホテルにチェックインして荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、

「今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。だからそれまでには帰ってきてくださいね」

と言われた。

・・・・しかし彼らは遊びに夢中になり、その約束をすっかり忘れて12時を過ぎてしまいました。

フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。

寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。

仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。

20階…30階…40階…とだんだんと足が棒になってきて、50階でついにばててしまいました。「オイ、このまま上がっていくと、本当に足が動かなくなる、1階上がる毎に交代で怖い話をして気を紛らわそう」

と1人が言った。

そして1階上がるごとに怖い話をして、なんとか上に上がっていった。

そしてついに99階にたどり着くことが出来ました。

すると最後の1人が、

「いいか、俺が今から言う話は…本当に怖いからな、絶対にビビルなよ」

と他の4人に強く言った。

(どんな話だろう…)と仲間達は息を飲んだ。

そして、彼は言った。

「一階に・・・鍵を忘れた・・・・・・」

怖い話投稿:ホラーテラー ますおさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
34200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ