短編2
  • 表示切替
  • 使い方

さっちゃん4番の歌詞

「さっちゃん」4番目の歌詞

『さっちゃんはね、さちこってゆーんだほんとはね。だけどちっちゃいからじぶんのことさっちゃんって呼ぶんだよ。おかしいね、さっちゃん。』

さてこの歌は、皆さんご存じ[さっちゃん]です。

この歌は3番までの歌として知られていますが実は4番があるのです。

その歌詞は‥‥『さっちゃんはね、ふみきりで足をなくしたよ。だからおまえの足をもらいにいくよ。今夜だよ、さっちゃん。』というものです。

これは、北海道の室蘭という所で本当に起こった事件をもとにした歌だそうです。

その事件とは、とても寒く雪の降る夜におこりました。

下校途中の桐谷佐知子ちゃん(14歳)は踏切で遮断機が降りてきていたので急いでわたりきろうと思い走りました。

しかし、雪で線路のみぞがかくれていたため足がみぞにはまり、足をくじいてしまいました。

彼女は必死で逃げようとしましたがよけきれず電車に引かれてしまいました。

体は胴のあたりでちょうどきれいにまっぷたつになりふつうなら即死でした。

しかしあまりの寒さで血管が一時的に固まったため、即死ではなく数分だけ苦しみながら生き続けることができました。

彼女は腕を立ててはうように踏切の外にでました。

意識が無くなっていくなかで最後まで苦しんで彼女は息をひきとりました。

そして彼女は死ぬ寸前までばらばらになった自分の下半身を探していたそうです‥‥。

そして数年がたちました。

当時のクラスメートの男子があの歌をおもしろがって作りました。

女子は、すごく怒ってやめさせましたが男子はそれを聞かず歌をどんどんひろめました。

しかしその3日後男子二人は、足のない死体となって発見されました‥‥‥。

さてあなたもこの話をよんだからにはただではすみません。

3日以内に佐知子さんが現われるかもしれません。

その時は気を付けてください…

あなたの足が無事でありますように‥‥。

怖い話投稿:ホラーテラー RM310さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
25400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ