「シノ」※コピー&ペースト

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

「シノ」※コピー&ペースト

シノ

俺の妹さ、俺が17の時死んだのよ。今からもう8年前。

まだ6歳でさ。末っ子で、男兄弟ばっかだから、兄貴も弟も猫かわいがりしてたね。

でも、元々病弱でさ、ちっちゃくてさ。

でも、めちゃくちゃ可愛くてさ、ちょっとしたことでも、泣くんだよ。

「兄ちゃん、兄ちゃん」って。いっつも俺の後ついてくんの。

街にあるケーキ屋のショートケーキが大好きでさ、一週間に一回ぐらい、バイト代で買ってやってた。

食ってるとき「おいしいー」って笑う妹が、とっても可愛くてさ、すっげぇ可愛くて…

妹が発作で倒れたって聞いて、俺、学校からバイク飛ばして中学校で弟拾って即効病院に行った。

色んな機械つけて、妹は寝てた。

おかんとばあちゃんが「もうだめだぁ…」って、なんかじいちゃんに拝んでるし。

「シノを連れてかんといて!お願いや」って、じいちゃん、妹生まれてすぐに亡くなってる。

シノを抱くことなく逝ってしまったじいちゃんは、死ぬ間際まで「シノを抱っこしたいなぁ」って言ってた。

俺が行って「シノ!シノ!!」って呼ぶと、意識が戻った。

「にーやん、あんねー、シノ、ショートケーキ食べたいん」

「いっぱい買って来てやるから死ぬな!寝るな!おきてんだぞ!」

って、俺はケーキ屋からあるだけのショートケーキ全部買ってきた。

でも、妹死んじゃったよ。

俺がショートケーキ買って来て、病室のドア開けると、妹が笑ってて、

「買ってきたぞ!シノ、食って元気出せ!」

って、一口食わしたら、

「おいしいー…ありがと、にいや」

って、笑って目を閉じてソレっきり。

すぐに、ピー―――――って、機械が。電気ショックとかやっても無駄だった。

棺おけに入るときに、気に入ってた、おかんが作ってやった紺色の、フリルのいっぱいついたドレス着てた。

ばーちゃんが作ってやったお手玉もいれてやった。

お気に入りのテディベアも入れてやった。

俺、一年ぐらい立ち直れんかった。

壁にさ、誕生日に妹がくれた「にーやん達の顔」って絵があってさ。

まだ六歳だから下手糞でさ、でも、兄弟で笑ってんの。

俺と一番上の兄貴の間で、カチューシャ付けた妹が笑ってる絵。

もう、ソレ見るたびに泣けて来るんだよ。

でも、我が家でな、ちょっと不思議なことが起きるようになったのはそれからなんだ。

夜中に、ばーちゃんの部屋から声がすると思ったら、ばーちゃん(ボケてなくて、霊感あり)が、

「あぁ、じーさん、紫乃連れてきてくれたん。そう、その服気にいっとんのな、あぁ、そうかそうか、これて嬉しいか」

障子の隙間から見ると、ばーちゃんが笑ってんの。相槌まで打ってさ。

テーブルにお茶とジュースまで出してさ。

妹の好きな、地元の古い店が作ってる瓶のサイダー。

俺、ついついばーちゃんの部屋あけちゃった。

そしたら、ばーちゃん、慌てもせずにさ、

「ヒロトー、じいちゃんとシノがそこに来とる、挨拶せぇ」

って、俺にまでお茶出すし。

「これ飲んだら、かえるとこまで帰りんさい」

って、ばーちゃんは笑ってた。

まぁ、それくらいは序の口。

おかんが台所で、弟のおやつにホットケーキ作ってたら、作っといた一皿の、一枚の半分だけが無くなってんだって。

歯型ついてて。どう見てもシノの口の大きさでさ。

「あの子、ホットケーキも好きやったからなぁ」

って、ばーちゃんもおかんも涙してんの。

あとは、家に居るときに、シノの声を聞いたことは、全員ある。

おとんが、

「きっと、この家が好きで出て行かないんだろう」

って言ってたな。

で、就職するからって東京で一人暮らし始めた。

その頃、好きな女もできて、告白しようか迷ってた。

ある日、夢ん中、妹とよく行った公園で、二人でベンチに座ってた。

「にーやんは、あの人すきなの?」

おかんが作ってやったフランス人形みたいなドレス着てさ、妹が笑ってんの。

向こう側のベンチに、俺の好きな人が座って、本を読んでて、それを指差しながら。

「うん」

って、俺が答えると、

「大丈夫、シノが何とかしたげる」

って笑ってた。

んで、しばらく経ったある日さ、その女の人から告白されてしまった。

それから、そのまま今に至るってわけで。

結婚して、しばらく経って、実家に、シノとじーちゃんの墓参りに行った時、墓前でさ、俺の奥さんが言うんだよ。

「そういえばね、不思議な事があったの」

「なに」

「あなたに告白する前にね、不思議な子にあったの。新宿で買い物してたら、ちっちゃい女の子に声をかけられてね、紺色に白いフリルのドレス着てて…」

「でね、『おねーさんは、にーやんのこと好きですか』って言われたの。『にーやんってだれ?』って聞いたら、『大丈夫ー、おねーさんは、にーやんのお嫁さんになる、うちのにーやんもおねーさんの事好き』って言って、どっかに消えちゃったの。でね、その子が居なくなった後、不思議なんだけど、あなたの顔が頭に浮かんだの」

「…シノ…」

しか、思い当たる所は無い。

そのことを、嫁に話すと、嫁は「まさかー」って笑ってたが、実家に戻って、茶の間に飾ってある、妹の写真見て、

「この子!!」

って、驚いてた。

あぁ、シノがくっつけてくれたんだ。

で、またしばらくして、嫁が妊娠。

でも、ちょっと危なかった。

ある日、病院で、嫁の看護しながら、眠っちまった。

そしたら夢に、またシノが出てきた。

「にーや、おとーさんになるの」

「そうだね」

また、公園だった。今度は俺の横に、腹が大きい嫁が座ってた。たまごクラブ読みながら。

怖い話投稿:ホラーテラー 反逆奴隷さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
24600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ