短編2
  • 表示切替
  • 使い方

白い服の女

あるお笑い芸人が小さい時に本当に体験した話だそうです。(ここからはあるお笑い芸人をHとします)

Hにはとても仲の良い友人AとBがいました。

ある日、三人で夜10時に公園に集まろうということになりました。

その集まる予定だった公園は階段を隔てて、上と下にわかれていて、集合場所は上のほうの公園でした。

10時に、最初にHが来ました。まだAもBも来ていなかったので、待つことにしました。しばらくして、10時30分頃にAも来ました。

H「お前遅ぇよ」

A「あ~、わりぃわりぃちょっと用事があって」

H「そういやBは?」

A「いや、知らねーよ。」

Hは遅いなと思いつつも、Aといろいろ話しながら待つことにしました。

話が盛り上がり、Bが遅れていることをすっかり忘れて話し込んでしまいました。

12時前ぐらいになり、

H「Bのやつ、下の公園と間違えたんじゃね?」

A「あ~、あいつアホやもんな」

なんて、軽いノリで下の公園に降りてみました。しかし、Bはいませんでした。

ところが、ブランコに白い服の女の人が座っていました。全く微動だにせずに。

H「おい、あのブランコで下向いてる女おるやん?あれ絶対幽霊やろ」

A「確かに幽霊っぽいな」

H「もう、怖いけん、上戻ろうぜ」

そのブランコにいた白い服を着た人は、明らかにおかしかったのです。

上に戻るとBが居ました。

H「ヤバいって!下に霊おるし!今日はもう帰ろうぜ」

B「なんで?今来たばっかやのに」

A「いや、マジで帰ろう」

B「は?意味わからん!もう一回見に行こうぜ」

A「いや、無理」

B「なんでやって!お前ら俺をだますつもりか?」

そう言われるとAもHもムキになり、もう一回見に行くことにしました。

下に着くと、まだ霊は居ました。

H「ほら!マジヤバいって」

B「本当おる…」

Bは異常な程に汗をかいていました。

A「お前、そこまでビビるか?」

しかし、Bは振り向きもせず、霊のほうを見ていました。

H「下向いてて不気味やなぁ」

とつぶやくと、Bがビックリして急にバッとこっちを振り向いて言いました。

B 「えっ?こっち見て笑ってるよ」

A「はぁ?下向いとるし」

H「なんだよ!そんな嘘引っかからねーよ」

B「いや、マジで!もう帰ろう」

さすがに怖くなり解散しました。

次の日Bは交通事故で死にました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ