短編1
  • 表示切替
  • 使い方

自宅の部屋で

これは、昨日の夜に起こった事です。

夜1時くらいでした。本を読み終わり、そろそろ寝ようかと思っていた時、

言いようがない嫌な感じがしたのです。

本当に嫌な気分…

まるで濁った水の中にいるようなそんな感じでした。

「ヤバい…」

私はそれしか思いつかなかった…

外に出ようか…

友達を呼ぼうか…

どうしよう…

次に頭の中に思い描いたことは、玄関のチャイムが鳴るという予想でした。

「ヤバい、チャイムが鳴る…3…2…1… ああ!鳴る…」

(ピンポーン)

チャイムは本当になりました。

私は自分を落ち着かせようと、言い聞かせるように呟いた。

「偶然よ!誰かが部屋を間違えたか、友達が脅かしてるか…

そうに決まってる!」

私は、玄関の覗き穴から外を伺った。

しかしそこには誰もいなかった…

ただ、おかしいことがありました。

私の部屋の前はエレベーターホールになっていて、エレベーターの階数表示のランプが見えるのですが、そのランプが、動いていたのです…

私のマンションは4階建なのですが、

エレベーターのランプは、

④・③・②・①

①・②・③・④

④・③…

と、上り下がりをずっと繰り返していました…

オチもなければ、怖くもない話をごめんなさい。

だけど私は、心を読んだように鳴ったチャイムと、上り下がりを繰り返すエレベーターが怖くてたまらなかったです…

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ