短編2
  • 表示切替
  • 使い方

禁じられた恋

僕の親友の話です。

親友Yが、僕に相談してきました。

「なあ、俺さ恋をしてるんだ。」

彼女いない歴23年の僕とYの間で、恋愛の話をするのははじめてだった。

僕は複雑な心境でYに聞いた。

「よ、よかったじゃん何何?どうやって知りあったの?」

するとYは、恥ずかしそうな顔をしながら、

「知りあったと言うか…まだ会った事ないんだけどさ。」

と話出した。

どうやらYは、携帯の出会い系サイトで女の子とメールのやり取りをしているらしく、その女の子に恋をしたそうなのだ。

僕は、

「おいおい大丈夫かよ!サクラとか詐欺とかじゃないの?」

そう聞くと、

「絶対違う!エリに限って…本当いい子なんだ。優しくて、思いやりがあって、何時も僕を励ますメールをくれるんだ。」

エリと言う名前らしい…。完全にのぼせあがっている親友に僕は、

「だったら電話番組とか聞いて会えばいいじゃん」

と忠告した。

Yは、複雑な顔をして、

「聞いたんだけどさあ…」

と僕に返信メールを見せてくれた。

そこには、こう書かれていた。

(私もあなたに会いたい。でも会えないの…

あなたには私の声が聞こえない…

私の姿を見ることが出来ない…

そして、私を嫌いになってしまうでしょう…

それでも構わないなら、今夜あなたの所へ行きます。

あなたには、私の姿を見る事が出来ないので、ビデオカメラを用意してください。

それを通して、お会いしましょう。

親愛なるあなたへ

エリより。)

僕は、読み終わると全身に鳥肌が立つのを感じた…

「これ…ヤバいんじゃないか…もしかしたら霊とかそう言うものじゃないの?」

だが、Yはキッパリと言い放った。

「エリが、もしもこの世の者じゃなくても構わない!

俺はエリに会う。

会って思いを伝えるんだ!」

恋は盲目とは良く言ったものだ…

結局僕はYの熱意に心を打たれ、Y一人きりでは心配なので、僕もYの家に泊まることにした。

Yの家は、6畳の小さなアパートの一室だ。

僕とYは、玄関が映る位置でビデオカメラをセットした。

そして二人でビールを飲みながら、エリが来るのを待った。

深夜2時近くまで、僕もYも起きていた。

しかし2時を過ぎると、アルコールのせいか酷い眠気に襲われた。

しばらくすると、僕は完全に寝てしまった。

続く

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ