短編2
  • 表示切替
  • 使い方

赤いビデオ

これは、私の友人から聞いた話です。

Aは古いアパートで1人暮らしをしていた。仕事が終わって家のポストの中を見てみると宛先も何も書いてない一つの封筒が入っていた。さらに封筒の中身を見てみると一本の赤いビデオテープが入ってたらしい。

A『何で赤色なの?しかも汚いし、気味が悪いなぁ。』

それでもAは気になってしまったのか、そのビデオを持ち帰ってしまったのです。実はその日の夜友人達とAのアパートで飲み会をする約束をしてたので、『見るなら皆と一緒に見よう。そーすればそんなに怖くない』と思ったらしいのです。

ようやく皆集まりお酒も進んで、場も盛り上がった時に。

A『今日さー、私宛てに変なビデオが届いたんだけど皆で見てみない?』

B『え~~。変なのって何!?怖いのなら私は無理!』

C『気になる!気になる!皆で見てみようよ。』

D『多数決で決まりね!見てみよう!』

その問題のビデオをデッキに入れてAが再生ボタンを押した。

ピエロ?

ビデオにはピエロの格好した男性がコップや歯ブラシ等を持って怪しげな踊りをしている映像があった。

C『アハっ。何この人!?意味分からないんですけど~。ウケるね!』

B『全然怖くないじゃ~ん!幽霊とか映ってるのかと思ったし。』3人は怖いビデオだと思い期待を大きく裏切られたと感じ、がっかりした者もいれば、ピエロのおかしな行動に笑う者もいた。しかし、一人だけ様子がおかしい者がいた。

Aだった。

B『ちょっと。A!何なの?このビデオ?』A『………………。』B『?……A?』

Aの顔色が真っ青になっており微かに震えているのだった。そして。

A『イヤァーーーーーーーーッ!!!』

Aの絶叫に友人達は。B『どうしたの?A?落ち着いて。』

D『ねぇ。どうしたの?B。何があったの?』

B『私にもよくわからないの!Aがこのピエロを見てたら…急に震えだして。』

C『ねぇ。A。泣いてちゃわからないよ!とにかく落ち着いて!ね?』

Aはまだ震えている。そして、ゆっくり口を開いた。

A『私の部屋が映ってるの。』

ピエロの格好した男性はAが留守している隙に部屋に侵入していた。そして、Aの歯ブラシやコップ等を持って踊りだしている映像があった。Aはすぐにそのビデオを警察に持っていき、何日も経たないウチに部屋を明け渡した。ピエロは今だに捕まってない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ