中編2
  • 表示切替
  • 使い方

冬の登山

大学の、登山サークルの副リーダーA君は、普段バカな事ばかり言っているけど、いざとなると本当に頼りになる人で、私は大好きでした。

冬に、ある山へ登頂した時の話です。

頂上まで後少しと言う所で、私はちょっとした石につまづき、そのまま崖から滑落してしまいました。

幸い命に別状はなかったのですが、足首を強くひねってしまい、立つこともやっとな感じになってしまいました。(後に骨折と判明)

その山の登頂計画は、頂上まで行き、頂上で夜を明かして下山する予定だったのですが、とてもそんな余裕はありませんでした。

サークルのリーダーが判断を下しました。

「Aとユリ(私の名前)は、二人で下山しろ。俺たちパーティーはこのまま頂上を目指す。」

A君は嫌な顔一つしないで「了解!」と言うと、私の荷物を全て持ってくれました。

「立てるか?」

私は、自分がすごく腹立たしくて、A君に申し訳なくて、ただ泣いてしまいました。

「泣いてる暇なんてないぜ!日が暮れる前に降りるぞ!」

私は頷き、肩を借りて少しずつ山を降りて行きました。

下山を始めたのですが、私の足首が、思ったより悪く、全く進みません。

どんどん時間は過ぎて行き、あたりは薄暗くなってきました。

「今日中に下山は無理かもしれないなあ…

どこか適当な所でテントはって夜明けを待つか。」

A君の判断に従い、少し行った広めの場所で、夜明けを待つ事にしました。

A君は、テキパキと1人でテントを作って、タキギを集め火をおこしてくれました。

そして私の所へ来て、

「足、痛むか?ちょっと見せて見ろ。」

と、私の足を気づかってくれました。

私の足首は、普段の二倍くらいに腫れ上がっていました…

「これはダメだ!折れてるかもしれないな…ちょっと待ってろ、雪を持ってきてやる!」

A君はそう言って、雪を探しにいってくれました。

私は、下山したら、私の想いをA君に伝えようと、この時心に決めました。

A君が、雪を探しに行って30分くらいたった時です。

焚き火の向こう側に、黒い影が見えました。私は、A君が帰ってきたと思い、座ったまま声をかけました。

「遅かったですね。心配しましたよ。」

しかし返事はありません…

私は、その影を目を凝らして見てみたのです。

それは、本当に影だけでした。

ただの真っ黒い影…

それが、焚き火の灯りに照らし出されていたのでした…続く

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
24800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ