中編2
  • 表示切替
  • 使い方

パパなんで?

ある夫婦がいました。

2人には3歳になる娘もいましたが、仲がいいとは決して言えないような状態でした。

その原因は夫にありました。

夫は普段は優しい性格なのですが、大変な酒好きであり、酔うと性格が一変して暴力的になってしまうのです。

その夜もちょっとした事から口論になったり、頭に血が上った夫はとうとう妻を刺し殺してしまったのです。

深夜であったため、幸い娘はすでに寝付いていました。

しかし、ここはそんなに田舎ではなく、会社にも行かなければならないため、遺体を人目の無い場所まで捨てに行くには時間が足りません。

会社が休みなのは5日後。

とりあえず遺体をどこかに隠し、その日に娘を両親にでも預けて山奥にでも捨てにいけばいい。

夫はいったん妻の遺体を庭の片隅の花壇の横あたりに埋めました。

下手に家の中に隠して、娘に見付かってはまずいと思ったのです。

次の朝、不思議と娘は妻がいない事に対して何も聞いてきませんでした。

聞いて来ないなら、下手に言い訳をしない方がいい。

そう思っていると、ふと娘が自分の方をじっと見ている事に気付きました。

「パパの顔に何か付いてるか?」

もしかしたらかえり血でも付いているのだろうか?

内心ドキドキしながら尋ねると、娘は首を横に傾けキョトンと不思議そうな顔をした後、

「何でもない。」

と言って朝食を食べ始めました。

そして夫はその後も娘にはあの夜の事は何も話さず、いつも通りの生活を続けました。

いよいよ明日は妻の遺体を捨てに行く日。

いろいろと明日の準備をするために、夫はいつもより早めに帰宅しました。

しかし、家に娘の姿はありません。

鍵は開いていたので家にはいるハズなのですが、もう夕方だというのに電気すらついていないのです。

心配になって探してみると、娘は庭の片隅でしゃがみ込んでいました。

夫は驚いて娘に駆け寄りました。

「何してるんだ!!こんな所で!!」

そこは妻の遺体の埋めてある場所です。

娘はおもちゃのスコップでそこを掘り起こそうとしていました。

「だってパパ、ここからね、変な臭いがするの。」

夫はハッとして娘に怒鳴り付けます。

「とにかく、もうそこには近付くな!!早く家に戻りなさい!!」

きっと遺体の腐敗が始まったのです。

早く捨てに行かなければ…。

そう焦っていると、また娘が自分を見ていることに気付きました。

あの夜から、娘はたびたび自分の方を見ているのです。

気が立ていた夫は娘にまた怒鳴ります。

「だから何なんだ!!いつもいつも見やがって!!いったい何なんだよ!?」

すると娘は言いました。

「ねえパパ、どうして?」

「はあ!?」

「どうしてパパはいつもママをおんぶしてるの?」

怖い話投稿:ホラーテラー 野菜人さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
29500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ