短編1
  • 表示切替
  • 使い方

友達の最後

僕の心は闇に飲み込まれて行く

もう止める事は出来ないのか

君の言葉すら

僕には届きはしない

出してくれ

神が居るならここから出してくれ

闇はすぐそこまで来ている逃げる僕

追いかけてくる闇

いつまで走れば抜け出せるんだ

闇はもう目の前に

嫌だ

僕はまだ生きたい

死にたくないんだ

誰か誰でも良い

僕を闇からこの場から助けてくれ

光だ

光が見える

そこまで走れば僕は助かるんだ

あと少しあと少しで光に届く

僕は闇から逃げ切れる

そう思っていた。。。

でももう無理なんだ

この闇は永遠に追いかけてくるんだ

闇に殺されるくらいなら

いっその事自分で死のう

そう思う

じゃ〜な。。。◯◯

僕は自分で自分を殺すよ。

自殺した友達から来た最後の

俺は最初はふざけて送ってると思った。

でもアイツの死を聞いた時には力になれなったか事が悔しかった。

アイツは俺を恨んでないだろうか。

恨まれていると思うとすごい怖い。

安らかに眠ってくれる事を祈る。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
32600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ