短編2
  • 表示切替
  • 使い方

頭が喰われてた

僕は、地元でバンドをやっているのですが、あるライブハウスで、実際に見た話です。

その日は、地元では有名なバンドの前座で、ステージに立ったのですが、客の中に、一人だけ目立つ女がいました。

その女は、身長がかなり高いらしく、ステージの上から見ると、周りから頭一つ抜けでてるように見えました。

しかも、その頭が異様にでかくて、バスケットボールぐらい大きな頭なのです。

女は、前にいる男をジッと見ていました。

前にいる男は、体を揺すりながら、僕らの音楽を聞いていました。

一曲目が終わり、二曲目に入った直後の出来事でした。

僕が、イントロのギターソロを弾いてる時、

その女が、口を開いたのです…

口を開いたって…

それが、普通の大きさじゃないんです…

なんて言うか、ヘビみたいに、顔いっぱいに口を開けて、前の男の頭に喰らいついたのです…

頭を喰われてる男は、喰われてる事に気が付いてないようで、さっきと同じように体を揺らしながら、音楽を聞いています…

僕はギターソロを完璧に間違えました。

ボーカルの人も見えたようで、マイク越しに

「あっ!ああ…」

と、思わず声が出てしまったようでした。

そのまま、二曲目は演奏することが出来ず、メインのバンドと入れ替わりました。

舞台袖から、さっきの女を見て見ると、

まだ、前の男の頭に喰らいついてました…

僕とボーカルの人は、

「あれ…なんだよ…」

と、二人で話てたのですが、ベースとドラムの人は、見えてないようで、二曲目が演奏できなかった理由を僕らに聞いてきました。

怖くて、頭を喰われてる男の人に近づけなかったので、あれが一体なんだったのかは、いまだに不明です。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1530
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ