短編1
  • 表示切替
  • 使い方

禁断の果実〜OBSCURE〜

『覚えているのでしょう?』

 

 

男は毎夜この声に魘される。

何故かは分からない。

覚えているのは、

月。

桜。

石榴。

これらがなんなのかは分からない。

 

 

次の日も男には、あの声が聞こえる。

気分を変えるために、散歩に出かけた。

 

 

公園に着くと桜の木が見える。

綺麗ね〜綺麗ね〜と周りの人間は褒め称える。

 

 

綺麗?

違う。

あの時の桜の木は、もっともっともっともっともっと綺麗だった。

いくつもの月が犇めき、見事な桜を散らしていた。

あ〜石榴が恋しい…。

 

 

石榴にナイフを突き立てる。

『覚えているのでしょう?』

覚えているさ。

ふいに、涙が頬を伝う。

 

 

ああ、今宵は特に月が綺麗だね。

桜の木に突き刺さる幾つもの紅月を見ながら男は美徳に酔いしれる。

紅月からは桜がシトシトと零れていた。

 

 

※元ネタあり

怖い話投稿:ホラーテラー かかさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ