短編1
  • 表示切替
  • 使い方

正夢??

「ねぇ〜ちょっと聞いて」

と友達の〇美が休み時間に声をかけてきた。

「うちの妹が夢をみたんだけど、その夢が不思議な夢でね」と〇美が話し始めた。

〇美姉妹にはもう何十年も行方不明の叔父さん(姉妹の父の弟)がいた。

身内は一生懸命に捜したがみつからなかった。

もちろん警察にも捜索願はだしたが、有力な情報がないまま時間だけ過ぎていった。

〇美の話だと家出(失踪)らしい。何が原因かはわからないようだ。

そして〇美姉妹の父も急死し家には姉妹の祖母だけが残った。

つまり行方不明の叔父さんの母親が息子の安否を気にしながらいた。

そんなある夜、妹の夢に叔父さんがでてきて、叔父さんは亡くなった姉妹の父親のタンスを開けて何やら物色している。

そこで妹が声をかけた。

「叔父さん!どうしたの?」と。

すると叔父さんは振り返り「着るものがないから兄さんのを借りようと思って」と言った。

妹はこう聞いた。

「叔父さん!今どこにいるの?」と。

「俺は今、兄さんと同じところにいるよ」

と言った。

そこで目を覚ましたらしい。

妹は叔父さんはもうこの世にいないんだと思ったそうだ。

この夢の話を祖母にしたところ同じ夜に祖母の夢にも叔父さんがでてきたらしい。ないようはちがったらしいが…

そして祖母はこう言った。「薄々感じてはいたが…あの子はもうこの世にはいないんだね」と。

怖い話投稿:ホラーテラー 桃さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ