短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ポケベル

これは友達の兄の実体験なのですが、まだ携帯が普及する前、ポケベルが若者の通信手段だった頃の話です。

彼は霊感が強い方で、ある日友達にメッセージを送ろうと通りかかりの電話BOXに入ったそうなんですが、たまたま小銭がなかったそうです。

参ったなぁと思い電話機をフッと見るとポツンと10円玉が置いてあったみたいなんです。

ラッキーと思い、その10円を手に取ると、ものすごい悪寒が走ったそうです。

そして霊感が強い人が持つ直感で「この10円は使わなきゃヤバイ。

」と感じたそうです。

しかし、それを使って友達にメッセージを送り、もしその友達に何か起きたらマズイと思った彼は適当な番号をプッシュし 『ゴ メ ン ナ サ イ 』 と打ったそうです。

そしてすぐにその電話BOXを後にしました。

家へ帰る途中彼のポケベルにメッセージが届きました。

誰だろうと思い見ると、そこには......

《ソ ン ナ コ ト イ ウ ナ ヨ...》

と入っていたそうです。

携帯と違いポケベルは相手には送信元は分かりません。

では何故....

彼は急いで家に帰り、その出来事を弟(僕の友達)に話たそうです。

実際にそのメッセージを見せてもらったそうです。

クワバラクワバラ

長々と失礼しましたm(__)m

怖い話投稿:ホラーテラー ヒロさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ