短編1
  • 表示切替
  • 使い方

最高の誕生日

家に帰ると、僕の家族がみんないた。

尊敬する父さん、優しい母さん、綺麗な姉さん、僕は行きなりの家族の訪問にとまどった…

姉さんが言う、

「宏明、二十歳の誕生日おめでとう!」

そうか、今日は僕の誕生日か。

それで、みんな集まってくれたんだ。

僕は、目頭が熱くなった。

家族に会うのは久しぶりだ。

去年の家族旅行以来、一年ぶりか…

父さんが言う、

「宏明、もう二十歳だな、おめでとう!」

僕は、目を覆いながら頷くことしか出来なかった…

母さんが言う、

「宏ちゃん、二十歳の誕生日おめでとうね」

僕は母さんに抱き付きかすれた声で、

「ありがとう…」

と言った。

感激で涙が止まらない…

父さん、母さん、僕を生んでくれてありがとう。

横から姉さんが笑いながら言う、

「全く大袈裟なんだから、誕生日くらいで泣いてんじゃないわよ」

だよね、今日は僕の誕生日だ。

一年ぶりに家族に会えたんだ。

泣いてなんかいられない。

去年の家族旅行は最悪だったもんね。

久しぶりに家族が集まったのにさ、

温泉に行く途中に事故起こしちゃってさ…

みんな僕をおいて死んでしまうんだもん…

僕は、溢れる涙を拭いながら、大好きな家族に言った。

「本当に…ありがとう…」

家族は、みんな笑いながら静かに消えていった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
34720
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

わかりやすく切ない(>_<)

いい話しなんだけど、何故だか後味が良くないんだよねー。