短編1
  • 表示切替
  • 使い方

目を覚ませ

「目を覚ませ」

その一言で俺は目を覚ます。

いつもきっかり朝の6時に目を覚ます。

支度をして仕事に向かう。

何気ない日常、毎日をただただ繰り返す

仕事場につく

作業を始める

ふと、上司の声が聞こえた。

「〇〇君?」

俺の名を呼ぶ上司

「○○君!?」

「聞いているのか?〇〇君?!」

どうやら居眠りをしていたらしい。

「は…はい…?」

「目を覚ませ」

その一言で俺は目を覚ます。

時計をみる

朝の8時だ。

遅刻だ。

どうやら夢をみていたらしい。

怖い話投稿:ホラーテラー シガレットさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ