中編4
  • 表示切替
  • 使い方

邪霊の巣窟5

前回は本当に申し訳ありません。なんとお詫びしたらよいのか・・・。

本当にごめんなさい。

えっと・・・もう読んでくれる人いないかもしれませんが・・続きです。

あの後自分は高校に進学して高校を卒業するとそのまま就職して町をでました。Aも高校卒業後は大学に進学して自分と同じく町をでました。

自分たちは同棲という形で一緒に暮らしてAの大学卒業後に結婚しました。

それからさらに月日が経って自分たちに娘が出来てその子が五歳になった時に実家で法事がある為に帰省する事になったのです。

実家に帰る途中。自分たちはあの神社の前を通りました。鳥居や神社自体も新しくなり、昔と全く違う様子でした。

あの事件・・・一人の死者がでてしまった事件・・・。あの時自分がMの死を確認しなければならなかった理由・・・。それは。

「ねぇ・・・T・・あの時さ・・私たちがここで襲われてる時・・・あの悪霊の中に・・・Mがいたよね?それを見たからあの時確認に行ったんでしょ?」

Aは思い出した様に言いました。

「うん・・・・」

そう答えると二人とも黙ってしまいました。

「ママ・・おトイレ行きたい。」

娘のEがそう言い出し自分たちは実家へ急ぎました。実家に帰って少しくつろいでいると

「E、お外で遊んでくるー」

と娘が言ってきたので

「車に気をつけてなーあんまり遠くに行くんじゃないぞー」

と声をかけました。

そしたら中々娘が帰って来ないので心配して探しに行こうとしたら半ベソかきながら帰ってきました。

「どこに行ってたんだ。心配してたんたぞ」

と言うと娘の口から信じ難い言葉が出てきたんです。「あのね。変なお兄ちゃんがこっちにおいでって言ってきたの。E行かないって言ったらお手々引っ張られたの・・・。それでね後ろから違う人に引っ張られてお寺(あの神社の事)に入れられて出れなくなってたの」

自分は驚愕しました。まさか・・・と。隣にいたAも顔が真っ青になっていました。

「それで?どうなったの?何にも見なかった?体はなんともないの?」

Aが慌てて確認すると

「うん・・・なにも見てないよ・・。少し待ってたらドアが開いたから帰ってきたの・・・パパ、ママごめんなさい。」

泣き出したEをAが抱きしめて必死でなだめました。

自分はすぐに兄に連絡をとりました。

兄はあの後にそのまま本山に戻り修行をしたいと申し出たのです。兄に色々思う所があったらしく、両親や退魔士の方たちの了承を得て本山に行きました。

兄は直ぐに電話にでました。

「おぉ、Tか。久しぶりだなー。俺も明後日くらいに戻る・・・・・・・お前・・・・なんでそんな状況になってるんだ?なんだそれは!!お前何があった!!」

兄は何か気づいたみたいで自分が状況を説明すると

「いますぐ町から逃げろ!!

いや・・・手遅れか・・いいか?いますぐ両親やあの神社の管理人に言ってあの神社に立て篭もるんだ・・。絶対に出るなよ!!俺らもすぐにいくから」

「は?冗談だろ?なんであの神社に・・・どういう事たよ!!」

自分はサッパリ状況が掴めず困惑していると

「お前らを狙ってる奴な・・マジで洒落にならん!!怨霊とか邪霊とかそんなレベルじゃない・・まさに魔物だよ!!信じられん・・どうやったらそんな風になれるんだ・・。いいか。すぐに神社に行くんだ!!」

と言って電話が切れました。自分は困惑しながらも皆に事情を話し、また大騒ぎになりつつも神社に立て篭もりました。

そしてご神体のある部屋で朝を待つ事にしたのです。深夜遅くなり・・そろそろ眠気がきた時・・。

「おい!!俺だ!!来てやったぞ!!開けてくれ!!」

と兄の声が正面の入口から聞こえてきました。

しかし自分たちは兄のはずがないと思い

「入りたいならそっちの方から入ればいいだろう」

と言いました。自分とAはそいつが誰だか解っていました。

「M・・・Mなんだろう?解っているんだよ・・どうしてなんだ?どうして俺たちを・・・」

と言った瞬間に入口が開きそこには当時のままのMがいました。

「あ・・・Eを連れて行こうとしたお兄ちゃん」

Eがいいました。

やっぱり・・・。自分はそう思いました。そしておそらくはEを後ろから引っ張って神社にいれたのはこの神社に祭られている神様なんだと思いました。

正常に戻った神様はあの事件の被害者である自分たちの娘を守ってくれたのだと感じました。この神社に入ってご神体のそばにいてそんな気がしていたのです。「あのお兄ちゃん、どうして体が真っ黒でお目々がないの?」

と娘が言い出しのです。

そしてMを再び見てみると全身がどす黒いオーラのように包ままていました。目もないのではなく、真っ黒な目だったのです。

そして此処にいるだけで気を失いそうになるくらいの憎悪、怨念、殺意などの波動が溢れ出ていました。

魔物。

兄が言った事を思い出しました。まさに魔物でした。どうやったら人間だったものがこんな風になれるのか・・・。自分は家族を守る指命感と目の前の存在に対する恐怖心で震えてあました。

続きます。ごめんなさいあと少しですからどうか最後までお付き合い下さい。

前回は本当に申し訳ありませんでした。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3280
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ