短編1
  • 表示切替
  • 使い方

死に至る病

霊的な話ではありません。

既出かもしれませんが…。

一般に風邪といわれるものは、数百種類あると言われています。

そのなかでも溶血性連鎖球菌(溶連菌)というのは、

最もポピュラーな菌の一つで、喉や消化器官に普通にいる常在菌です。

普段は大人しく思える菌ですが、

免疫力が落ちたときには大抵の場合に風邪の症状がでます。

子供がよくなる扁桃の炎症が主です。

しかし、時に恐ろしい壊死性筋膜炎という劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症を引き起こすことがあります。

これは筋肉を包む膜(筋膜)に感染して起こるもので、

1時間に数㎝も四肢の末端から壊死する恐ろしい病気です。

数ヶ月間も四肢を切開したまま直接洗浄するなど、

かなりのハードな治療が必要になります。

日本でも200人以上の感染が確認されています。

死亡率は全細菌感染症の中で『最高』の30%。

その恐ろしさのため、劇症型A群溶血性連鎖球菌は「人喰いバクテリア」と呼ばれています。

睡眠不足や栄養不足など不摂生な生活の方、

熱が出ても気合いで仕事な方、

「たかが風邪」と放っておくと怖いですよ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ