短編1
  • 表示切替
  • 使い方

理解不能

俺、31歳のサラリーマン。この前までとにかく忙しくてさ。

ある日残業で終電になっちゃったのね。

で、悪いことにその終電て俺が降りる駅の一つ手前までしか行かないのさ。

タクシー代勿体ないから一駅分歩いたんだけどさ、別に何てことのない橋に差し掛かった時に何か話してる声聞こえんのよ。

とは言え、もう深夜一時回ってたし、辺りは暗いし、人も居なそうだしちょっとびくつきながらも気のせいって事にして歩き続けたのよ。

でさ、橋を渡りきる時にそれまでよりははっきり、つーか近い感じで

どうぞ

って聞こたのよ。

びくってなって周りを見渡したら土手のとこに何か積まれててさ。

どうも魚が山積みにされてるみたいで、見た瞬間にそこからはとにかく家に着くまで走って帰った。

理解力の限界を突破した出来事で訳分かんないけどとりあえず今んとこはなんもない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ