短編2
  • 表示切替
  • 使い方

手をつないで

梨恵

美紀

2人が出逢ったのは中学1年、春

入学して間もない私達は、自然と目があった。

「うるさいよね、このクラス・・・」

「・・・同感!」

それから仲良くなるのに余計な時間は要らなくなった。

だけどある日美紀が学校を休んで人一倍背の高かった私、梨恵をバレー部員達が目をつけて、

それから何日もが輝いて見えた。

美紀が学校に出てきてもすれ違い話すことも無くなった。

そんなある日、梨恵がバレー部のみんなと電車に乗り込む時

「梨恵・・・・」

「なんで最近構ってくれないの?」

美紀が梨恵の腕を掴んだとたん、

梨恵が美紀を振り払った。

ウザいと思った。せっかく世界が変わったと思ったのに…

っと、その瞬間、

ぶぁー

きゃあああ

周囲の人達の叫び声

振り返ったとたん、

頭が真っ白になった

目の前にあるのは死んだかもしれない美紀。

それから何十分だろうか。立ち尽くしていたのは・・・。

あれから10年

ずっと後悔していた。美紀のお墓の前ではいつも泣いていた。

だけど、郵便局で働いている友達にある話を聞いた。

10年前、美紀が生きていた季節に1つの手紙が届いた。

その友達は私を悲しませたくなくて黙っていた。

その手紙を見る。

梨恵は号泣した。

あの日、どんなに美紀が悲しんでいたかわかったから。

ごめんなさい…

呟いた梨恵は美紀の分まで生きていくと決めた。

しかし、半年後、

梨恵は美紀と同じように死んだ。

美紀の手紙を持って・・・・・

怖い話投稿:ホラーテラー エドワードさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ