短編2
  • 表示切替
  • 使い方

孫が救った命

ある家族が一泊の旅行に出かけようとしたときの話

家族はお父さん、お母さん、6歳の男の子と3歳の女の子の4人

おばあちゃんもいるんだけど、「今回はパス」って事で留守番することになった。

高速の渋滞も考慮して出発は早朝の4時

まだ半分ぐらい眠った状態の子供たちを車に乗せ、静かに出発。

30分ほど走った頃、長男が目を覚まして言った。

「あれ?もう出発してるの!?ボク、おばあちゃんにいってきますって言ってないよ!」

それを聞いて妹も目を覚まし、

「わたしもおばあちゃんにいってきます言いた~い」

と騒ぎ出した。

わかったよ。と携帯を取り出して、電話をかけようとすると

「お顔見て、いってきますって言いたい!」

「わたしもおばあちゃんのお顔みたい!!」

30分も走ったんだから電話でガマンしろよ~となだめるんだけど

「絶対おばあちゃんの顔を見てから!」

と珍しく言うことを聞かない。

挙げ句の果てには

「もう旅行いかないっ!」

と泣き出す始末。

せっかくの家族旅行

子供たちにも楽しく過ごしてもらいたいと思い、渋々Uターンすることに。

家に着き、

「ほら、挨拶しておいで。」

と玄関を開けてやると、なんとなくおかしな雰囲気

「おばあちゃん…?」本当ならもう起きてる時間なのに家の中は静まりかえって真っ暗

そして、静寂の中からかすかな呻き声が聞こえてきた。

「母さん!?」

「おばあちゃん!!」

部屋を開けると、胸を押さえ苦しそうに倒れているおばあちゃんの姿!

すぐに救急車を呼び、一命は取り留めた。

原因は心筋梗塞

もし、処置が遅れていたら助からなかっただろうとのこと。

子供たちは

「旅行へ行く前におばあちゃんの顔が見たかっただけ」

と言うが、何か感じるものがあったのかもしれない。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ