短編2
  • 表示切替
  • 使い方

帰宅途中

3年程前の話。

私の家から駅までは、自転車で30分かかります。

いつものように仕事を終え、駅に着いた時には22時を過ぎていました。

自転車に乗って帰宅する途中の事でした。

少し先で、白い高そうな外車が端に寄せて止めてあり、ライトも点けたままで、車の持ち主と思われる男性は、何やら大声で怒鳴っていたのです。

その横を見ると、小学生の男の子が(ランドセルを背負っていたので)、

「ごめんなさい。ごめんなさい。」

と泣いていたのです。その車の持ち主は、子供が車に当たったと言って怒っていたのです。

しかし私には助ける勇気がなく、出て行ったところで、(お前が責任取るのか?)とか言われそうな気がしました。女なので、力では絶対勝てるはずもないですし、人の通りが極めて少ない時間帯でもあり、私は助ける事を諦めました。

その場を後にしようと、通り過ぎる時に、男の子の悲しい視線が感じ、罪悪感でいっぱいになりました。

と、その時・・・前からサラリーマン風の30代位の男性が歩いてきました。私は、(ああ、この人が男の子を助けてくれる。良かった。私なんかより、ずっと頼もしい!)そう思ったのです。

そして、その男性とすれ違った時、私は今までに一度も味わったことの無い恐怖を体験しました。

すれ違った瞬間、耳の横ぐらい近い場所で、その男性は・・・

「僕・・・もう・・・死んでるから」

と言ったんです。背中がゾワっとしました。そして後ろを振り返ってしまい、また恐怖しました。

男性が・・・いない。

この体験の後、二度と同じ道を使っていません。

こんな怖い思いは、これで最後にしてほしいと思った本当の話です。

誤字、脱字、文章下手はご了承願います。

この話以外にも、いくつかありますが、みなさんのコメントを拝見の上、投稿させていただきます。

お読みいただき感謝します。

怖い話投稿:ホラーテラー ニモさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ