狂った母娘~コピペ~後編

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

狂った母娘~コピペ~後編

この話をみんなに広めようかと考えたのですが、到底信じてくれるとは思えません。

F美と親しい子にこの話をしても、傍目からは私たちが彼女を孤立させようとしているとしか思われないに決まっています。

特にS子がF美とあんまり仲がよくなかったことはみんな知っていますから……。

F美の家に行ったという子にこっそり話を聞いてみました。

でも一様におかしなものは見ていないと言います。

だから余計に私たちに状況は不利だったのです。

ただ、一人だけ、これは男の子ですが、そういえば妙な体験をしたと言う子がいました。

F美の家に行ってベルを押したが誰も出てこない。

あらかじめ連絡してあるはずなのに、と困ったが、とにかく待つことにした。

もしかして奥にいて聞こえないのか、と思って戸に手をかけたらガラガラと開く。

そこで彼は中を覗き込んだ。

ふすまが開いていて(S子が見た部屋がどうかはわかりません)部屋の様子が見えた。

浴衣を着た男の背中が見えた。

向こうに向いてあぐらをかいている。

音声は聞こえないがテレビでもついているのだろう、背中にブラウン管かららしい青い光がさしてときおり点滅している。

だが何度呼びかけても、男は振り返りもしないどころか身動き一つしない……。

気味が悪くなったのでそのまま家に帰った。

F美の家に男はいないはずです。

たとえ親戚やおばさんの知り合いであったところで、テレビに背中をむけてじっと何をしていたのでしょう?

それとも、男のパンツは彼のだったのでしょうか。

もしかしてそれはマネキンではないか、と私は思いました。

しかし、あぐらをかいているマネキンなどいったいあるものでしょうか。

もしあったとすれば、F美の部屋にあったのとは別のものだということになります。

あの家にはもっと他に何体もマネキンがある……?

私はこれ以上考えるのはやめにしました。

あれから14年がたったので、今では少し冷静に振り返ることができます。

私は時折、地元とはまったく関係ない所でこの話をします。

いったいあれが何だったのかは正直今でもわかりません。

もしF美たちがあれを内緒にしておきたかったとして、仲の良かった私だけならまだしも、なぜS子にも見せたのか、どう考えても納得のいく答が出ないように思うのです。

そういえば、腕をWの形にしているマネキンも見たことがありません。

それでは服は着せられないではないですか。

しかし、あの赤い服はマネキンの身体にピッタリと合っていました。

まるで自分で着たとでもいうふうに……。

怖い話投稿:ホラーテラー 残念な子と書いて『茅原実里』さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3280
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ