短編2
  • 表示切替
  • 使い方

age(コピペ)

悲しいかな・・・

「どうも、初めまして。なんか、ホームページの印象と同じですね」

「あ、え、そう……ですか」

「知的で可愛いっていうか、なんか嬉しいです」

「ありがとうございます」

 二人、いい雰囲気で横浜の中華街へと向かう。

「あの」

「はい」

「えっと、メールでの名前が番号になっているんですけど、ハンドルとかお持ち

になっているんですか?」

「ええ」

「どんなハンドルですか?」

「名無しさんアットマークそうだ選挙にいこう、です」

「え?」

「名無しさんアットマーク、このアットマークってのは小文字のaを丸でくくっ

たようなやつです。で、そうだ選挙にいこう。名無しさんアットマークそうだ選

挙にいこう、です。まあ、捨てハンですね」

「はあ……」

「みるみるさんは、なにか食べたいものありますか?」

「えー……と、そうですねぇ……名無しさんアットマークそうだ選挙にいこうさ

んはなんかありますか?」

「餃子きぼーん」

「……え?」

「餃子きぼーん」

「餃子きぼん、ですか? あの、どんな料理なんですか?」

「いや、料理の名前じゃなくて、餃子を食べたいっていうことです」

「はぁ……」

「あ、そうだ、チャーハソってどうよ?」

「え?」

「チャーハソってどうよ?」

「チャーハソってどうよって……いきなり言われても……ちょっと。チャーハソって知

らないので……」

「僕があんまり美味しくないと思っている炒飯のことです」

「はぁ……そうなんですか……」

「……」

「……」

「……」

「……」

「age」

「え?」

「いや、チャーハソってどうよに対する答えが聞きたいもので」

「はぁ……いや、あんまり炒飯って好きじゃないんです、ごめんなさい」

「sage」

「……」

「もういいです、ってことです」

「……はぁ」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ