短編2
  • 表示切替
  • 使い方

オッサンVS俺 2戦目

昼投稿した『オッサンVS俺』

の続きと言うか

また出たから投稿する

8時頃の話

夜になって雨も強くなり

冷えてきたから床暖房に腹ばいで寝そべってジャ○プ読んでた

床暖房が暖かくて気持ち良くってウトウト眠りかけてた

(あったけ-…でもこのまま寝たら自分の部屋行くのダルくなるな…まだ風呂も入ってねぇしなァ…)

そんなウトウトフワフワしてた時

『ふひっWw』

って聞こえた

耳元でハッキリと中年の男性の声で

ハッとして上半身起こして声の聞こえた方(自分の顔右側)見ると…

また出やがった

薄らハゲの顔だけ床からだしてるオッサン

しかもニヤニヤしてる

人を馬鹿にしてるムカつく笑顔

普段あまり霊とは関わりをもたない用にしてるが

こいつは許せねぇ

反射的に右手でオッサンの生えてる床辺りを叩いた

床に引っ込むように消えた

また逃げられてしまったと思ったが

『ふひひっWww』

今度は左側に出た

ニヤニヤ笑うハゲにムカつき

「笑ってんなオッサン」

って怒鳴ってジャ○プで叩き潰そうとした

…が

オッサンの後ろで獲物を狙うポーズ(頭を下げケツを高く上げ尻尾をフリフリしている)我が愛猫の大和♀が見えた

俺の視線が自分から離れたからか、オッサンは振り返り猫を見た

振り返った瞬間大和がオッサン目掛けて飛びかかった

『うぇぇっ(゚Д゚)!?』

オッサンのあの顔が忘れられないWw

ネタみたいな実話だ

とりあえず今回は

俺(withヤマト)の勝利Ww

怖い話投稿:ホラーテラー 黒ネコ大和さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ