短編2
  • 表示切替
  • 使い方

口裂*女

ある夏のむし暑い夜、仕事帰りの男がバス停に向かって歩いていた。

バス停まであと数十メートルというところで、ふと後ろから呼ぶ声がする。

「すいません、少しお時間よろしいですか?」

男が振り替えると、道の脇に一人の女が立っている。

いつもならば、無視して通り過ぎる男だが、女の異様さに呆気に取られて、つい立ち止まってしまった。

暑そうなワインレッドのロングコート。脂の薄そうな腰まで伸びた髪。大きなマスク。緑のリュックサック。

「……なんですか?」

不気味に思いながらも声をかける男。

「私きれい?」

少し訛りのある女の口から出た言葉は、男が女に抱いたイメージ…口裂け女そのままを表した言葉だった。

身の危険を感じた男は、急いで逃げ出す。すると、後ろから女が泣きながら「待ってください」と絞り出すように言った。

なんだか、自分のしたことに罪悪感を感じ、女の所に戻る男。

涙を流す女に理由を聞くとこうである。

驚かせて申し訳ない。自分の口は確かに裂けている。生まれつきの病気でこうなってしまった口裂き女だ。地方から出てきたが仕事も見つけられないし、人にも恐れられ避けられる。もう死のうかと思い、死ぬ前にふざけて人を驚かそうと思った。

でも、やっぱり死ぬのが怖い。

女が不憫になった男は言った。

「死ぬなんて言うな!俺が相談にのってやるよ」「ありがとうございます。こんな口裂き女を心配してくれて」

男はバスに乗らずに、近くの公園で女と何時間も話し合った。

気づくと公園の時計は23時を指していた。

男「君はなかなか楽しい人だな。これなら充分やっていけるよ」

女「相談に乗っていただいて、ありがとうございました。あなたのことは忘れません」

男「気にするな。じゃあそろそろオレは帰るよ」女「あ、待ってください。これ受け取ってください」

男に渡されたのは茶封筒。中に数枚紙が入っているようだ。

男「ああ、さようなら」

自分の住むアパートに着いて、部屋に入ると男は茶封筒を開けてみた。

「……………」

トイレに駆け込み、胃の内容物を吐き尽くした。

茶封筒の中身は、6枚の写真。写真一枚一枚には1人ずつ口をズタズタに切り裂かれた男達が写っていた。

そういえばあいつ言ってたな。

「ありがとうございます。こんな『口裂き女』を心配してくれて」

玄関のドアが静かに開いた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ