短編2
  • 表示切替
  • 使い方

手紙

これは友人から聞いた話しです。

とある高校に通う「ちあきちゃん」の話しです。

ちあきちゃんは幼い時に父親を亡くしそこから母親との二人暮らしだったそうです。

母親は毎日精一杯働き家計を支えていました。

ちあきちゃんが高校二年のことでした。

毎日精一杯はたらいていた母親が過労で倒れてしまいました。

そしてちあきちゃんが病院に向かうと意識が戻った母親がベッドに横たわっていました。

そして母親がちあきちゃんに言うのです。

【ちあき‥お母さんダメかも‥これお守りだから】とちあきちゃんはお守りを母親から渡されました。

ちあきちゃんはその時に母親はもう長くないと勘づいたらしいです。

それから数日後母親は亡くなってしまったらしいです。

ちあきちゃんは母親からもらったお守りを大事に毎日身につけていました。

それから一年経った頃でしょうか。

同じクラスの悪ガキがちあきちゃんのお守りをからかいとりあげてしまいました。

ちあきちゃんは必死取り返そうとしましたがなかなか取りかえせずいました。

そんな中悪ガキの人がお守りを落としてしまいました。

するとお守りの中から手紙が出てきたのです。

それはお母さんがちあきちゃんにあてた手紙でした。

そこにはこう書いてあったらしいです。

「ちあき‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥しね」と‥。

どういう意味かはわかりませんが、「過労死するぐらいはたらせやがって」という意味なのでしょうか?

このお守りの中の手紙のことは未だにちあきちゃんは気づいていないと思います‥

怖い話投稿:ホラーテラー 上さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
36700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ