短編2
  • 表示切替
  • 使い方

虫の報せ

私はこの前「金縛り」を投稿した者です。

大阪転勤になり、もぅ3年目。

既にこっちの生活にも慣れ、実家の横浜には年に数回帰るくらいに減っていた。

今年の冬は特に寒い。「親父の身体にも堪えるだろうなぁ。」

父は肝硬変を患い、入退院を繰り返す日々。その年の暮れはちょうど退院して、実家にいた。

「ただいま!!」

私が大阪から帰ってきた。

「おかえり!!」

やっぱり実家はいい。待っている家族がいる。

居間に入ると・・・。

びっくりした。ほんの数か月の間で、人がこんなに変わるのか。

父の顔はやつれ、足は浮腫んで立てないほどまでに悪化していた。

言葉もはっきり聞き取れない。

その日の夜、母から「もう長くないかもしれない。」

私は悲しい気持ちになった。

それから2週間後、虫の報せだったのか・・・滅多にないが、仕事の関係で東京出張が決まった。

この前実家に帰ったばかりなので、ホテルに一泊することにして、その夜は高校時代の友達と飲みに行った。

翌朝、ホテルから客先に向かおうとした時、母からの電話が・・・。

そのまま、病院に直行した。

私が一番早く病院に着いた。

そこには、酸素マスクをした父が目を大きく開け、息を荒げていた。

苦しそうだ。

それから母が到着。

続いて、4個下の弟が到着。

家族が揃ってから、担当医から病状の説明が別室で、

「今夜がヤマでしょう。最後まで声を掛けてあげてください。」

5、6個くらい病気が併発していた。

父に声を掛けると、「・・・あ・・り・・・が・・・・・と・・・。」と微かに聞こえた。

もう限界だったのか、自分で酸素マスクを外そうとしていた。

涙が出た。

止まらない。

父は、かなり長い時間走り続けていたと思う。

その晩の21:30頃、長時間走っていた父の足が止まった。

家族皆で、「お疲れさま!」と最後に声を掛けていた。

怖い話投稿:ホラーテラー ゴリ吉さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ