短編1
  • 表示切替
  • 使い方

逆さまトイレ

注1)お食事中の方は、閲覧を控えて下さい。

今日はどうも体調が良くない。

食当たり?風邪でも引いたか?

こんな時に限って、トイレが空いていない。

ふと、トイレの扉が開いた。

中には誰もいなかったが、そんなこと、今はどうでもいい。

腰を下ろし、目を閉じ、背中を丸めてうずくまった。

腹痛が治まり、ほっと一息、顔を上げた瞬間

フッと腰の支えがなくなり、後ろ側へ転がり倒れた。

便器がない。

と、すぐに自分が置かれている状況に気付いた。

トイレの個室自体が逆さまになっている。

上を見上げると、便器と排泄物。

降ってこないとわかっても、頭上にそんなものがあるのは不快だ。

ん?

降ってこない…

もしかして、トイレが逆さまになったのではなく、

俺が逆さになっているのか…?

その疑問が頭をよぎった、まさにその時

外から誰かがノックした。

すいません、まだですか?

刹那、天井に引き込まれる感覚が。(正確には床側)

ゴバァッシャーン

大きなモノが落ちる音と、

水が弾ける音。

男は頭から便器に刺さっていた。

注2)ネタです。

怖い話投稿:ホラーテラー U3さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ