家族『心霊系ではありません』

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

家族『心霊系ではありません』

うちの、母、兄二人、私は物心ついて一度も入院した事はない。

でも、父だけよく入退院を繰り返してる。母が言うには、父は今まで何度も死ぬ体験をしてきたらしい。

そして、よくある三途の川の体験もしてきたらしい。それなのに、幽霊、超能力など一切信用してない。

今年の夏も、脳梗塞で倒れた。しかし二、三日ですぐ退院した。医者もびっくりで入院の必要ないそうだ。

うちが思うに、母はうちが生まれる前から、姑から酷いイジメにあってたらしいそれを、父は見て見ぬフリをし、一度も優しい言葉をかけてもらった事ないそうだ。

何度殺そうか、何度離婚を考えたかと、今でもネタみたいに話す母。

今まで、母に対して優しい事をしてこなかった父は、神様に生き地獄的な罰を与えられてるんじゃないかと思う。

よく、いい人程、早死にして、悪い人程、長生きするという。まさしく、それがうちの父にあてはまる。

続いて、父方の母(祖母)が亡くなった時の話。

うちの母は、前にも言った通り、父の両親を良く思ってない。

うちが高校生の頃、父方の父(祖父)が亡くなった。91か92まで生きた。けっこう長生き(意地が悪かったからかなぁ)

その後、祖母が亡くなった。痴呆症がひどく、ずっと入院してたらしい。

うちは、その頃親と離れて一人暮ししてた。

祖母が亡くなった日、母から連絡あったが、母は無理してまで葬式には出なくていいから〜と言ってくれた。

正直、そぅなんだぁ〜ぐらいにしか思わなかった。

何故かと言うと、子供の頃数回しか会った事なく、うちも、なんとなく苦手だったからだ。

その電話があった夜、うちは、金縛りにあった。

金縛りにあった瞬間

『〇〇(私の名前)〇〇を橋から突き落としたら、どんげなるやろぅかね…』

と、一言…

その声は、まさしく、祖母の声だった。

うちは、葬式に出なかったから祖母が出て来たと思い、心の中で何度もごめんなさい!と唱えた。

すると、金縛りはとけた。

次の日、電話で昨夜の出来事を話すと、母は

『死んでからも、意地がわりぃーねー』

と、一言。母は、よっぽど嫌いなんだなぁ〜と思った

今だに、何故祖母がうちに出てきたのかわからない。たいして会ったこともなければ、葬式に出なかった親族は、他にもいたらしい。

祖母が出たのは、それ一度きりでした。

怖い話投稿:ホラーテラー もんもさん

Normal
閲覧数コメント怖い
21500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ