短編1
  • 表示切替
  • 使い方

蟲の知らせ

これは、自分が中3の時の話です。

その日は学校の放課後学習が休みで、5時ぐらいに家に帰り着きました。

手洗い・うがいをするために(受験生なのでインフルなどの対策です。1月に罹りましたが...)台所に行きました。

台所の前に電話が置いてあるのですが、自分は電話の前で足を止めました。

電話に着信が残っていました。

自分は電話に表示されている時間に目を疑いました。

11月24日 5:37

?と思いました。

なぜならその時の時間はまだ5:30も回っていませんでしたから...。

日付は合ってるんですけど、時間が違っている。

何でだろう...壊れているのけ?と思って、一応その時間まで待ってみることにしました。

すると、ピロリロリッとその時間に電話が鳴りました。

恐る恐る電話に出てみると、祖母でした。

「じいさんが...事故で死んじゃった...」

祖父は仕事を終え車で帰ってる途中、対向車線から飛び出してきた車と正面衝突し、その衝撃で即死したそうです。

自分はそのまま電話の前で泣き、あの着信を思い出しました。

あれは、祖父が死ぬことを教えてくれたのではないかと...

駄文ですが、読んでいただきありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ