短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ロリィタだって…

今は健康そのものにしか見られない私ですが、幼少時は本当に病弱でした。

入退院を繰り返す生活で、心霊現象のようものも、幾つかはありました。

そんな中で今回は、比較的ライトな…笑い話をお送りします。

その日、半年の入院から帰って来た翌日。

私は久し振りの自宅のベッドで、心地よく起きたのでした。

朝陽が差す窓を見上げると、そこには…生首…でしょうか?

無表情に見下ろす握り拳大の中年男性の顔が、カーテンレールの横に乗っていたのです。

しかし私はその頃には既に、心霊現象のようなものにはそれなりに、耐性が付いていました。

しかしそれより何より、私は…病的な低血圧だったのです…。

(いえリアルに病気だったのですが)

寝呆けた私の口から出た言葉は、

「嫌っ…、痴漢…」

次の瞬間生首は消えました。しかしその時の表情は忘れられません。

驚いたような…、狼狽えたような…。

霊でもやはり、前も後ろも分からないような12歳の幼女に、痴漢扱いされると、プライドが傷付くのでしょうか。

しかし幼いと言っても中学生、一応は青春時代です。

寝室に忍んで来た男性を避難しても、罰はあたりませんよね…?

怖い話投稿:ホラーテラー 今はおばちゃんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ