中編2
  • 表示切替
  • 使い方

心臓

ご存知でしょうか?

アズテカの人々達は、神への儀式の時、一人の市民を選び、少年もしくは少女の心臓を取り出し、それを捧げるらしいです。。。

そして、遺体は(神殿で儀式が行われたので)神殿から投げ捨てられ、猛獣たちに食べられるそうです。。。

しかもその心臓は、族長に渡し、それを族長が食します。。。

ある、スペイン人のカメラマンがその土地に訪れ、例の神殿に行きました。彼は満月にその神殿を撮ったら美しいだろうと考え、満月が出る日まで待ちました。

次の日の夜、満月が出て、神殿を照らしました。カメラマンは写真を撮っていたら、突然霧になり、前が見えなくなってしまいた。。。

そして気づくと。。。

自分は生け贄の場所に今した。しかし、自分が生け贄になったのではなく、自分の娘が生け贄にされていました。彼は族長の隣にいて、とめようとしたのですが、誰も彼の存在に気づいてませんでした。

彼は娘の所を見た瞬間、娘の心臓はとられた時でした。彼女は口から血を大量に吐き出し、しかもなぜか周りの人は彼女はもう死んでるのに、殴り、蹴り、短剣でさし続けていました。彼は気持ち悪くなり、涙を出しながら吐きました。そしたら族長が彼の肩をポンとたたき、こう言いました。

「心臓を持って来い」

もちろん彼は怒りに満ち溢れ、「お前を殺してからだ!」と叫びました。

「我輩を?どうやって?我に触れる事はできない。お前はこの時代の人ではない、だから我輩を殺すことなど不可能だ。」そして彼はカメラマンにニヤリとし、笑った。

「たしかに、俺はお前を殺せない。しかしこれはお前を殺せる!!」カメラマンは古いぼろぼろの短剣をバックから取り出した。その剣は、アズテカ文明を滅ぼしたスペイン軍の隊長でもあったエルナン・コルテス伯爵の剣であった。彼はその剣で族長を殺したと言う言い伝えを、子や孫、そして子々孫々と伝えられてきた。

「お前!!まさかあいつの子孫か!!」そして族長はカメラマンに刺され消えてしまった。

気づいたら彼は神殿の前で倒れていた。そして娘を亡くし、悲しみに溢れていたら、ある鎧を着た戦士が前に立っていた

「我が子よ、娘は無事だ。我輩が守っておいたよ。。。」彼はあのエレナン・コルテスであった。。

そしてカメラマンは無事娘と会える事ができた

ちなみに、エレナン・コルテスの子孫は実際にいるそうです。。。

長文でスイマセン。そしてあんま怖くないと思う方がいましたら。。。読まなければいいじゃないですか。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2480
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ