短編1
  • 表示切替
  • 使い方

練習

この話は私の友人の体験談です。

友人はその日、ご主人と出かけていて帰りは夜の12時頃だったそうです。

友人の家は山の中にあり結構な距離の坂を上がるんですが…

その途中で突然……ゼッケンを付けた男が車の横をしばらくの間、走っていたそうです。友人は毎年夏に地域のマラソン大会があるので、その大会の練習でもしているんだろうと思ったそうです。

友人はその時、ご主人に

「こんな寒いのにマラソンの練習なんか大変だよね」と言うと…

ご主人は「そんな人、見てないよ」と言ったそうです。

友人は「ずっと車の横を走ってたのに気づかなかったの?」と聞き返すと…

ご主人は「時速100kmだしてるのに、どうやって人間がついつくるの?」と怒り口調で言ったそうです。

友人は100Kmもスピードをだしていたなんて分からなかったようです…少し考えて、気づいたそうなんですが、季節は冬なのにランニングと短パンで練習するだろうか…練習ならばゼッケンは必要あるだろうか…

それに時速100Kmで走る人間なんかいるだろうか…

結果、友人は練習熱心な霊を見たと言う事にしたそうです。

怖い話投稿:ホラーテラー ハルハルさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ