短編2
  • 表示切替
  • 使い方

独りかくれんぼ解決編

2009/11月21日 12:07

タグ

タイトル『独りかくれんぼ』

↑の続編です。よかったら見てコメよろ。

PSポニテにロマンを篭めて

〜前回あらすじ〜

『独りかくれんぼを試したT君はその後様々な霊象に逢った。少女(?)に馬乗りにされたり、ドアを挟んで小一時間格闘して、引っ越ししようとしたら ぬいぐるみ がドアの前で通せん坊してました。』

T君が引っ越しをして最初にしたのは ぬいぐるみ の処分で、オイルでウルトラ上手に焼いたそうだ。手順としては独りかくれんぼが終わった時には燃やしている筈なのに、何故か取っておいたT君。

そのぬいぐるみは何度か見に覚えのない場所にちょくちょく移動していたとかなんとか。

引っ越しをした先でも霊象はあって、一番びびったのは食器棚の中身が全部下に落ちていたことだそうだ。T君が言うに独りかくれんぼの終わらせ方が悪かったんじゃないか? と。はい、俺もそう思います。

そんな引っ越して早々、曰く付き物件と化したT君の家に友達が泊まりに来ました。

彼(以後Sさん)は霊感が強いイケメンです。どのぐらいイケメンかと言うと、修学旅行で暇だから京都のホテルで独りかくれんぼを実行し、怖くなって一晩中外で時間潰しをするぐらいのイケメンです。

ちょまてwww その部屋の隣は俺の部屋じゃねーかwと話を聞いて叫んだ俺。

T君に聞いた話、Sさんはクローゼットに隠れていたら、自分の使ってたベットを四つん這いにはい回る黒い女を見たそうだ。

んで怖くなってその部屋を放置して飛び出し、一晩京都の街を遊び歩いたんだってさ…怖いならやるなよ。

そんなイケメンのSさんがT君の家に泊まりに来て何も無い筈はなく、Sさんは金縛りに遭ったそうだ。

背中に乗られ、首をグッと押さえ付けられて女の声で、『お前が呼んだんだぞお前が呼んだんだぞ』と耳元で囁かれたらしい。

京都から北海道にSさんに付いてきたのか? 流石イケメン。

偶然その場面を見たT君は、Sさんの背中に居る小学5・6年位の少女がこちらを見てニヤッと笑った後消えたのを見たんだってさ。

で Sさんの首には痣が付いたそうだ。

ヤバい…解決編を書こうとしたら変な方向に纏まってしまった…

文字数的にここで終了です。

こんな駄文でもよかったら続きを投稿しようかと思います。コメよろしく。

怖い話投稿:ホラーテラー ポニテ萌えさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ