短編1
  • 表示切替
  • 使い方

自分の中の闇

私は、自分の母親と八年程しか一緒に暮らしていない。

四歳くらいの時に私は施設に預けられ、ホームシックになった私は

『お父さん お父さん』

と泣き続けていたのを覚えている。

だから、四歳より前に母親と暮らしていたのかは わからない。

ある日 定期的に会いに来てくれていた父親が、女の人を連れてきた。

私のお母さんだと言う。

私は、自分に母親がいたという事に驚いた。それと同時に、心から嬉しかった。

『お母さん?』

と私が照れながら聞くと、その女の人は

『そうだよ。これから一緒に暮らすんだよ』

と笑顔で言った。私はそれを聞いて、頭に血が上ったようにボゥっとし、なんだか体がフワフワした感じがした。

『お父さんと……お母さんと一緒に…』

なんだか嘘みたいで、夢心地だった。

これから始まる暮らしが、どんなものかも知らずに…。

父と母は一度別れて復縁した。だから正真正銘、私の実母であった。

実母でなければ、どれだけ楽であっただろうか…。

私が嫌われるのは、血がつながっていないせいだと諦める事ができただろうから。

生活に変化が現れたのは、一緒に暮らし始めてから半年程たった頃だった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ