短編2
  • 表示切替
  • 使い方

夢の中の、ありがとう

俺が県外での仕事を終えて実家に帰った時、その子はいた。

真っ白な毛に、真ん丸の茶色の瞳。

ちっちゃな、ちっちゃな子猫。

可愛い子だった。

いつも親父の傍で寝てたのに、いつしか毎晩俺の部屋に来て、俺の傍で寝るようになった。

そんなあの子が、大好きだった。

不思議な子でもあったよ。

俺が悲しんでると、すぐに駆け寄って来て、「大丈夫?」というように見つめてくれた。

「大丈夫だよ」と言って撫でてやると、俺の傍で丸まってた。離れようとはしなかった。

甘えん坊だけど、優しい子だった。

また県外に行くことになった時は、正直辛かった。

おふくろに抱かれて、俺を見送ったあの子は、ただジッと見つめていた。

2年間…忘れることもなく働いて、今年の9月に実家に帰った日。

あの子は、ちゃんと裏庭で待っていた。

撫でてやると、「お帰り」と言われてる気がした。

あの子も、俺を忘れちゃいなかった。

地元で新しい仕事が決まり、俺が働きだすのを見届けるのを待っていたかのように、9月のある日、あの子はその命を終えた。

まだ4歳だった。

仕事が終わって、帰ってから両親に聞かされた。

来るしんだ様子もなく、穏やかな顔をしていたらしい。

それが救いだった。

最期を見届けてないから、実感は無かった。

でも、あの子との思い出を思い返し、これからは二度とあの子が甘えてくることが無い…そう思ったら、泣いた。

涙は、止まらなかった…。

今にして思えば、最期を俺に見せなかったのは、あの子の優しさだったのかも知れない。

動物にも、四十九日があるのかなんて分からない。

でも、四十九日目の夜に、あの子が夢に現れた。

忘れられない、頭を撫でてやる時の、嬉しそうに目を細めた顔。

俺は、「そうか、もう行くんだな…。最後に、会いに来てくれたんだな…ありがとう」…そう、言ってやった。

あの子は何も言わなかったけど、溢れる気持ちが、心に流れ込んできた。

「ありがとう」

その言葉が、尽きることの無いように溢れてきた。

目覚めた時、俺の心は穏やかさに満たされていた。

もう、悲しいとは思わない。

あの子はちゃんと、行くべき場所へと行ったんだから。

もう一度、あの子がこの世に生まれてくるなら、また会いたい。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1471
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ