短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ヒールの音

深夜零時を回っていました。

家に着く最後の直線にかかったときでした。

『カツカツカツ……』

後ろからヒールの音が聞こえてきました。

早足なのか音がどんどん近ずいてきます。

そして私を横切っていきました。

音だけが……

そして音だけが去って行きました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ