短編1
  • 表示切替
  • 使い方

白蛇様と伯母

これは私が13才の時の話です。

それは母方の伯母の葬儀から初七日を迎えた日。

母から「霞は白蛇様がついているからね」と、突然の告白。

何のことやらわかりませんでした。

*そもそも伯母は、母の兄の嫁。

お寺さんの娘だったようです。

霞が生まれる時に伯母は、母子共に無事で生まれるようにと祈祷してくれてたそうです。その時にロウソクの蝋が、輪を描くように滴り落ちたらしい。

それが白蛇様からのご神託だったようです。

無事生まれてから、小学校に入学するまで、度々伯母の家で過ごしました。

人の道の教えを話てくれたり、修行らしき事もありました。

小学校にあがる時。私に才がないとわかったらしく(これもまたご神託)、それでも親戚の中では面倒を良くみてもらいました。

初七日にして、伯母が祈祷師だった事にも驚きでした。

今考えると、うちの親戚の家には必ず白蛇様の置物がありました。既成品でなく、伯母が念を込めて作ったものらしく、みな大事にしています。

伯母の想いも同じく大事にしています。

駄文・長文失礼いたしました。

怖い話投稿:ホラーテラー 霞さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1650
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ