短編1
  • 表示切替
  • 使い方

深夜の散歩

深夜散歩に行った時のことです。

家からちょっと離れた所にある公園に行きました。

公園のベンチで休んでいましたが、ちょっと喉が渇いたのでジュースを買おうと思い近くにある自販機に行きました。

ジュースを買い公園に戻り

再びベンチに座りジュースを飲みながら、風景を楽しんでいました。

すると、あることに気づいたのです

その公園には池があるのですが、その池の向こう側に誰かが立ってるんです。

「いつの間に?」などと、一瞬考えましたが、

すぐにおかしなことに気づきました。

その人物はピクリとも動かず、生気がまるで感じれないのです。

その異様な雰囲気に恐怖を感じその場から走り出しました。

「あれは絶対霊っ!!」

そう思い家まで全力で走って帰りました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
14900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ