中編7
  • 表示切替
  • 使い方

窓の向こうの川

かれこれ4年前の今頃であろうか・・・

私の友人Hが一人暮らしを始めたという電話を受け、MとIを誘って、遊びに出かけた。

Hが借りたアパートは、川沿いのよくある『リバーサイド~~』などという名前だけ立派なアパートだった。

鉄筋の3階建てで、Hは3階の角部屋を借りた。

窓を開けると、目の前に入〇川(伏せさせて下さい)が見えて、夏だというのに涼しく感じたのを覚えている。

H自身も相当気に入っていたようで、部屋の自慢話が続いていた。

私はMに

「涼しくていいな~」

と話し掛けた。

するとMは

「いや、涼しいというより寒気がするな・・・」

と険しい表情をしていた。

Mはいわゆる『霊感』というものが多少あるようで、本当か嘘かはさだかではないが、よく目撃話を聞かされていた。

ちなみに、私には霊感はなく、見たことなどなかったし、信じてもいなかった。

Hの自慢話も終わり、みんなでベランダへ出てタバコを吸いながらまったりとしていた。

丁度、夕暮れでオレンジ色に染まった川がとても印象的だった。

川の向こう岸には犬連れのおじいさんや帰路を急ぐような子供たちや私達と同じように川をみつめている女性の姿があった。

ふいにIが

「そうだ、麻雀やろうよ」

と言い出した。

特にこの後の予定も何もなかったので、麻雀をやろうということになった。

さしあたって、麻雀の前に何かと飲み物や食べ物を買いに行こうということになり、私とMが、近所のコンビニへ買出し係となって出かけた。

コンビニでいろいろと選んでいるとMが

「なぁ、あの部屋どう思う?」

と聞いてきた。

私には何も感じなかったので、聞かれても困るのだが、とりあえず

「いや、別に・・・フツーじゃない?」

と答えておいた。

Mは

「う~~ん・・・」

と、さっきのような険しい表情をしていたので

「まぁせっかくの一人暮らし記念なんだし、変な事言うなよ」

と、答えた。

Hもそんな事言われたらあまりいい気はしないだろうし。

買出しも終わり、部屋へ戻りテキトーにパクつきながら、麻雀をはじめた。

半荘が終わる頃、時間は21時。

一息つこうとTVをつけて談笑を始めた。

麻雀をしているとよくある事だが、部屋の中がタバコの煙で真っ白になっていた。

Hが

「うおっ霧かかってるよ、黄ばむと嫌だから窓あけるぞ」

と言って、出窓と、窓を全開にした。

途端、クーラーの冷気が外へ逃げ出し、かわりに生ぬるい嫌な風が部屋へ入ってきた。

誰に覗かれるという場所でもないので、カーテンも半開けにしていたHが

「あれ?」

と一言。

「どうした?」

と一応聞いてみる。

「いや・・・あれ、ちょっときてみ、ほら」

と窓の外を見ながら私達を手招きするので、行ってみた。

今思えば、Mはこの時、窓の外を見ていなかったように思える。

「あ、なんだあれ?」

Iが言う。

窓の外は塀を隔ててすぐ川で、向こう岸に川原があり、その後ろに少し盛り上がったような道になっている、ごく普通の川辺である。

その道には約30mごとに街灯がたっていて、Hの部屋から真向かいが丁度その街灯にあたる。

見ると、その街灯の下に人影があるのだ。

うすぼんやりとしか確認できなかったのだが、女の影だった。

「・・・なんか気味悪ぃな・・・」

「いや、フツーの人間だろ・・・」

突然Iが

「オオォォーーイ!そんなとこでなにやってんのォォーー?」

と叫んだ。

川の流れる音で掻き消えて向こう側には聞こえないと思うのだが・・・

しばらく様子を見ていたが、なんの反応もないので放置することにした。

なんだか、場もしらけてしまったので、その日はそこで解散し、帰ることにした。

次の日の夕方、私が自宅へ帰るとほぼ同時ぐらいにHから電話がきた。

「よぉ・・・あんさ、今からウチ来れっか?」

ひどく元気がない様子だったので、聞いてみたのだが、訳を言おうとしない。

「出来ればさ、MとIにも声かけてみてくれや・・・なるべく早めにな」

Hの電話の事をMとIに言うと、二人とも了解してくれたので、また昨夜と同じメンバーでHのアパートを訪れた。

部屋に入るとHが出迎えてくれたので、何かあったのかどうか聞いてみることにした。

「いや、昨日お前らが帰った後にさ、なんか気になっちゃって、もう一度見てみたんだよ」

昨夜の人影の件だ。

「そしたらさ、土手の上にいた人影が河原にいたんだよ・・・」

それを聞いたIは

「ただ降りただけだろ?何の不思議もねー」

と笑い飛ばしていた。

Mはあいかわらず険しい表情をしていた。

Hがそれでも気味が悪いと言うので、その日はHの家に泊まる事にし、もしもまた昨夜の人影が現れたら正体を掴もうということになった。

性懲りもなくまた麻雀などをして、時間は夜中の0:30ぐらいになった頃、気付いたようにHが

「よし・・・開けるぞ・・・」

と言い出し、カーテンを開ける。

すると、Hの言った通り、人影は土手から河原へ移動していた。

2日も同じような事があるとやはり気味が悪いもので、みんな言葉を失った。

Iが

「だったら行って確かめればいんだよ!行くぞ!」

と、私の服を引っ張る。

私とIで橋を渡って、問題のその人影の正体を見に行くことになった。

問題の河原に着いたのだが、人どころか何もない。

聞こえるかどうかわからなかったが、Hのアパートに向かって

「いねぇよ?どこにもなーんにもない」

と私が言うと、Hは

「川だ!川にはいってる!!!」

とつんざくような声で叫ぶ。

なんだ、十分聞こえる。

「俺らもそっち行かぁ!!」

と、5分後、MとHもやってきた。

Hは鉄パイプ持参だった。

一体何をするつもりだったのだろうか・・・

「チクショーーー!!」

とHは半狂乱になったように、鉄パイプをぶんぶん振り回し、あたりの石を水面に投げつける。

と、Mが

「オイ、部屋の窓見ろ・・・」

と言った。

見ると、Hの部屋の3/4ほど閉まったカーテンから誰かがこちらを覗き見ていたのだ。

AAでよく見かける「サッ」とかそんな感じのモノだった。

Hは誰よりも早く駆け出して行った。

もしも空き巣か何かだとして、あの状態のHが行ったら本当に殺しかねないので、私達も急いで後を追った。

部屋へ入ると唖然とした顔のHがつったっていた。

「なんか盗られてねぇか!?」

と聞いたのだが、Hは

「いや・・・大丈夫だ・・・ナンもいねぇー・・・」

皆、言葉を失った。

正直、気味が悪くて帰りたかったのだが、そんなワケにも行くまい・・・

その日は予定通り、Hの部屋で泊まった。

あまり寝れなかったのを覚えている。

朝、各々帰宅した。

帰宅途中でMが

「アイツ、引越したほうがいい・・・なんか変だ」

とボソっと言っていた。

その日から、私もいろいろと忙しくてHと連絡が取れない日が続いた。

MとIもバイトの研修に行っていたので、皆、忙しかった。

3日後にようやく早帰りできた。

早帰りといっても23:00だ。

またもやタイミングよくHから電話がかかってきた。

『あ、そういえばあの人影・・・』

と全てを思い出してしまった。

電話の向こうのHは尋常ではなかった。

「オイ!すぐ来てくれ!!早く!!もう、すぐそ・・・に!!・・・だ」

なぜかノイズが聞こえる。

ノイズに混じって、カリッカリッと変な音も聞こえた。

私はただならぬ恐怖を感じ、家を飛び出てHのアパートへ向かった。

鍵はかかってなく、すんなりと開いた。

部屋の真中で魂のぬけたようなツラをしているHが居た。

「どうした?何があった?」

肩を揺さぶるが、なにも返答が返ってこない。

部屋を見まわすと、窓が全開に開いていて、カーテンが風に揺れてバタバタしていた。

頬をはたいても何も反応がない。

『やっぱりあの人影が・・・』

となぜかそう思い、ふと異様な好奇心に駆られて、窓の外を見た。

窓の外には何もいなかったのだが、そいつはいたんだ。

影だった。

顔とかはわからない。

影だった。

ヒトの形をした影。

『部屋の中』に。

窓に写る部屋の中の景色。

そこにそいつがいた。

私は目をそらすことができず、凝視していた。

どういう風に逃げたのかは記憶があやふやでよく覚えてはいない。

ただ、今にして思えば、あの電話のノイズは川の音のようにも聞こえた。

次の日、MとIにHの部屋であったことを話した。

Iは腹をかかえて笑っていた。

Mが、心配だからHの家へ行ってみようと言い出し、行くことになった。

私は行きたくなかった。

部屋にはやはり鍵はかかっていなかった。

もぬけの空になっていた。

私達は、きっとHも怖くて実家に帰ったんだろうと思い、Hの自宅へ電話した。

帰ってはいなかった。

後日、Hの母親から電話があった。

Hがまったく連絡がつかないといった内容だ。

こんな話、したところで信じてくれるはずがないし、私自身、Hの身に何が起こったのかは知らないのだから。

それから、3人で一緒にはあまり会わなくなった。

あれから4年。

Iが昨年、海外へ転勤したとの話を聞いた。

Mとは何ヶ月かに一度電話で話すぐらいだ。

問題のアパートはいまでも、そこにあるらしい。

Hは、いまだに行方不明のままだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ