短編1
  • 表示切替
  • 使い方

怒声

誤字脱字がありましたらお許しください。先日、土色の女性と言う話を投稿した者です。

不可解な事がありましたので、よろしければご覧ください。

今日の話です。

布団に入っていたら、金縛りにあいました。金縛りは、寝ぼけているとよくある事なので

多分寝ぼけてるんだな、またか。

とおもいながらぼーっとしていました。

すると、しばらくして話し声が聞こえてきたんです。

それも、一人二人ではなく、何十人もの男女が話している感じでした。

わーなんか聞こえる。今日の寝ぼけ方酷いなぁ…なんて思っていたら、

『もしかしてこいつ聞こえてる?』

『聞こえてるの?』

『聞こえてるのか?』

と次々にその声が口を揃えて言い始め、一瞬の沈黙の後、

コラ!コラ!コラ!

と、の太い男性の怒声と共に、鳩尾のあたりを強く叩かれました。

びっくりしてじっと目を凝らして、鳩尾の辺をみると、男性の顔のようなもの(暗くてよく見えませんでした)が浮かんでいました。

こわい!と思ってすぐ目をつむり、気配が消えるのを待ち、それ以降は今日は何もありません。

やはり、家になにかあるのでしょうか…?

ちなみに、その時いた部屋は神棚が置いてある部屋でした。

なにか関係があるのかと、不安です。

あと、気配がなくなる寸前、胸を揉まれました…

いろんな意味で怖い体験でした。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ