短編2
  • 表示切替
  • 使い方

見えざるチカラ3

気がつくと俺の右手は奴の胸を貫いていた。

しかし、手応えがない。

「無駄だよ。私にそういった攻撃は無意味だ。」

立体映像か?いや、さっきまで奴は私に触れたりもしている。そもそも今の技術を以ってしても、実像と見分けがつかないとも思えない。

「エクトプラズムだよ。」

!?

「何を不思議がっている?君の手足にもエクトプラズムがコーティングしてあると言っただろう?」

「そんなバカな!エクトプラズムは生物が発するエネルギーだ!それを通じて霊体と生体は互いに干渉出来るが、命あるものしかエクトプラズムを有せない。エクトプラズムのみの存在など有り得ない!」

「有り得ない?そんな事はないさ。君が眠っている一年の間に随分と技術は進歩したのだよ。邪魔者が眠ってくれていたお陰でね。」

土留の目が妖しく光る。

・・・この目だ。

この目にただならぬ危険を感じた私は、兵器開発を意図的に遅らせてきた。

「今の我々にはこんな事造作も無いことさ。私は今この場に霊魂とエクトプラズムのみで存在している。最も、体は別の場に保管してあるがね。」

土留は得意げな顔をして右手を振り上げた。

「それにこの体は何かと便利でね。意図的に物質に干渉することも出来る。」

その瞬間に奴の右手は私の頬に放たれた。

「半物質の役得さ。言うなれば半生物。魔界転生の天草四郎とはこういう気持ちだったのかねぇ?」

私は口の中に鉄臭い血の味と共に歯を食いしばった。

怖い話投稿:ホラーテラー 仮面ライアーさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ