中編2
  • 表示切替
  • 使い方

追って来る女

まだ若かりし頃の話…

当時は飲酒の取締りは殆どと言っていい程なかった。

その日、いつものように友人が車で私の家に来た。

どちらからともなく「飲みに行こう!」となり、行きつけの飲み屋へ。帰宅したのは夜中の1時過ぎ…

「お腹すかない?」となり、車で20分位の場所にあった(現在はコンビニになってる)カップラーメンやハンバーガーが売っている販売機へ。途中小用でお寺さんの公衆トイレ(工場現場にあるような個室の小さな)へ。が、まずここで恐怖体験を。

トイレのそばにあるブランコのひとつが風も無いのに揺れていた。

「〇〇ちゃん(私の名前)

あれ何で揺れてんだ?」

私「判らない…止めて来るよ!」(注/小学生の頃から霊を見ていた私は、正直揺れるブランコ位は怖くなかった)

友人が先にドアを開けたまま用を足し続いて私がトイレに(電気が無い為)

私が用を足していると、友人が震えながら狭いトイレに入って来た。

私「何だよ!狭いから出ろよ!」友人「違うんだよ!ブランコだよ!」

何とか用を足し外に出ると…私が止めた筈のブランコが又揺れていたのだ。

二人して走って車まで行き、急いで販売機へ。

食事も済み、帰りは道を変えようと広い道から帰る事に。

いつもならトラックやタクシーがひっきりなしに走る道が、その日に限り私達の車だけ。

不思議だなぁ?と思いながらもカーステから流れる歌を一緒に唄いながら帰途へ。と、道路の左端に女の人が見えた。

私「あれっ?女の人がいるね?」友人「うん!ナンパしてよ!?」私「嫌だよ…」

とは言ったが、まだ若かったのでしょう(笑)

車を女の人より10メートル位先に止め窓を開けて、「何してるの?送ろうか?」 しかし返事もしません。そしてもう一度「ねぇ!」そこで私は声が出ませんでした。

その人がこちらを向いた時に見たのです。

薄い黄色のワンピースの前が真っ赤な血で染まっていたのを。

友人に「すぐ車出せ!」と指示しました。友人は何も言わず急発進させました。暫くして友人が「後ろー!」と。

私は振り返りました。

何と、70キロ位で走る車のすぐ後を追って来たのです。私は心の中で御題目をあげていました。

後少しで彼女の手がトランクに触れる瞬間、彼女の姿は消えました。

家に帰りすぐ寝ました。翌日、今は亡き母にその話をすると「〇〇君(友人の名前)と一緒に、お花と御線香を持って行って来なさい!」と言われ行きました。(続)

怖い話投稿:ホラーテラー 喜怒哀楽さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ