短編1
  • 表示切替
  • 使い方

チャイム

そんなに怖くなくて申し訳ないですが、思い出したので書かせてもらいます。

数年前、私の叔父にあたる人が亡くなりました。

若い頃から色々と苦労されていてしっかり者で、

自分の死期を悟ってからは、後々のことを考えて身の回りの事はもちろん、

自分のお葬式の手筈まで葬儀屋に頼んで亡くなられたそうです。

その方のお通夜(お葬式だったかも?)から帰った夜10時半頃、家のチャイムが鳴り、母親が出た気配がありましたが誰とも話している声が聞こえません。

私は二階の自室に居たので、気にせず寝ました。

次の日の朝に母が

「昨日のチャイム、出たけど誰もいなかった」

って言っててはじめて怖かったです。

実家は田舎で庭は広く隠れる所はないし、砂利が敷き詰めてあって足音もするのでピンポンダッシュでは無いと思います。

後にも先にも誤作動(?)はこの時だけ。

父は

「叔父さんは律儀な人だから『世話になったな』と言いに来たのではないか」と言っていました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名のビビりさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ