短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子が居ました。

ゆかりちゃんはお父さん、お母さんと幸せに暮らしていました。しかし、ある日お父さんが亡くなり、まだ小さかったゆかりちゃんを育てるために、お母さんは朝から晩まで必死に働きました。

そんなお母さんの努力のおかげで、ゆかりちゃんは中学校に行くことが出来ました。

しかし、今度はお母さんが過労で亡くなってしまったのです。「ゆかり、あなたはこれで本当に一人ぼっちよ。本当に辛くて、どうしようもなくなったら、このお守りを開けなさい。」

お母さんは最期にこう言い残しました。

お母さんが亡くなってから、ゆかりちゃんはお守りを肌身離さず大事にしました。

でも ある日、クラスの男子がからかって ゆかりちゃんから お守りを奪ってしまったのです。ゆかりちゃんは男子に訳を話し、お守りを返してもらおうとしましたが、男子は引っ込みがつかず、とうとうお守りを開けてしまいました。

すると、中から小さな手紙が出てきたのです。男子はその手紙を読むと、顔を真っ青にしました。ゆかりちゃんは変に思い、その手紙を読みました。

手紙を読むとゆかりちゃんは座り込んで大声で泣きはじめました。

そう、手紙には はっきりとお母さんの字でこう書いてあったのです。

「ゆかり、死ね。」と。

この話しには、お母さんがゆかりちゃんの事を恨んでいて、本当に辛い時には自殺して死ね。という意味と、他にも違う解釈があるそうなんですが、誰か知りませんか?

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ