短編2
  • 表示切替
  • 使い方

忍びよる真夜中の女性

それは14才の冬休みの時の事でした。

私の住んでいる町は、田舎で田んぼと山に囲まれ、冬になれば大雪に見舞われる町でした。

その日は、冬休みということもあり、小さい頃から仲の良かった、友人のAさんの家に泊まりに行くことになっていました。

私の家から友人のAさんの家までは、車で30~40分程度かかる場所でした。

私がAさんの家に行った時にはすでに夕方位になっていたと思います。

私は、Aさんの日課である、雪かきを手伝い、Aさんの部屋で遊んでいました。

夕飯もごちそうになり、部屋でAさんと一緒にくつろぎながら、おしゃべりをしていました。

そのまま話し込み、夜中の12時を回った時の事です。

Aさんが

「小学校に行かない?」

と言い出しました。

そこの小学校は、Aさんが通っていた小学校。以前Aさんと一緒にサークル活動で行った時のある場所でした。

Aさんの家からも歩いて10分程度で行ける場所でした。

私は

「今の時間帯開いてるわけないだろ!お前、鍵でも持ってんの?」

と聞きました。

するとAは、

「鍵の開け方をしている」

と答えました。

私は

「マジで!スゴいじゃん!んじゃ行ってみようぜ」

「あとBも暇してそうだから、誘ってみる?」

Aさんは

「OK!誘おう」

と言いました。

Aの部屋は2階で、一回の玄関付近には、父親と祖母が近くで寝ていました。

父親はとても厳しい人だったため、細心の注意を払いながら、外へ出ました。

Aさんの家の周りには砂利が敷かれており、家の周りを歩くと砂利の「ガサガサ」という音が聞こえる為に、外に出てからも、また細心の注意を払っていきました。

外に出た頃には、Bさんも待ち合わせ場所で待っており、いざ小学校に向かいました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ