短編1
  • 表示切替
  • 使い方

後ろに…

少し前のはなしです。

その日、家の母さんが前姪っ子と一緒に撮った写真を持ってきました。

最初それを見た時は

何の変哲もない

ただの写真だと思っていました

しかし横にいた兄が

「それおばさんも写ってないか?」

と聞いてきました。

「え?」

「そんなはずはない」と俺は言い返しました。

それもそのはず

うちの従兄弟のおばさんは三年も前に亡くなっているのですから。

俺はよーく目を凝らして写真を見て見ました。

しかしそれらしきものは写っていないので

「何も写ってないよ?」と

兄に言うと

「写真を縦にして見て見な」と兄に言われました。

そうすると…

「あ!」

確かにそれは写真の後ろ

窓の近くの鉢植えの上に写っていました…

そう。

首だけのおばさんの

顔が何か恨めしそうに、そして悲しそうに写っていました…

俺は言葉を失いました。

成仏できてなかったのか…

そう思うと言い様のない悲しさに襲われました。

きっとおばさんも

自分の孫と一緒に

写真に写りたかったのでしょうか?

それともまだこの世に未練があるのでしょうか?

おばさんは

普通の死に方ではありませんでした。

殺されたのです。

今でもこの写真を見ると胸が痛いです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ