短編1
  • 表示切替
  • 使い方

……女

「あ~めっちゃ暇やぁ~」

時計の針を見ると午前二時をまわっている。

「明日も休みやし誰かと遊ぼかなぁ~」

ケータイを開くと着信が二件

「おっ誰やろ?こんな時間に」

着信は友達のAからだった。「なんやろ?」

ぷるるる、ぷるるる

A「おっTやん今から遊ぼぉ」

俺「いいで俺ん家来てなぁ今すぐやで」ぷつ

Aの家は俺の家から10分ほどだ

「遅いなぁ~」と僕が思っていると「コンコン」とノックの音がした。

ちなみに僕の家はオンボロアパートの2階でインターホンなどない

「やっと来たわ」と僕がドアの、のぞき穴をのぞくと誰もいない…

「あれおかしいなぁ」と思いドアに手をかけた瞬間ポケットのケータイがなった。

「うわっびっくりした~」と思いながら電話に出ると、Aだった。

T「なんやねん開けるで」

A「ダメだ絶対開けんなよ」

なんだかよく分からないがAはものすごくあせっている。

T「なに?どうしたん?」

僕が聞くと、

A「今お前の家の前によつんばいの女がいるぞ」 

怖い話投稿:ホラーテラー Tさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ